2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
※赤文字部分は海外工場の祝日でございます。発送の方は停止ですが、ご注文は休まず承っております。

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

売れ筋商品

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

スタッフ日記

【09月30日】10月01日〜10月08日は海外工場の建国記念日及び中秋節の連休のため、発送が09日以降となりますので、ご理解くださいませ。なお、ご注文のほうは、通常通り承っております。

店長日記はこちら

お問い合わせメール

MAIL:staff@chinaprincess.jp
お問合せ大歓迎です♪
【姉妹店】 Princess Days

モバイル

Feed

twitter mixi facebook

シックなブラック×チャイナ織柄×フォーマル用・中山服(人民服)

【商品詳細】
1.素材:チャイナ・ジャガード、ストレッチサテン
2.肩パット:あり
3.ストレッチ性:■□□□□
※ズボンは参考商品です。チャイナ上着のみの販売です。

【商品説明】
1.定番の黒で、シック&クラシカルな雰囲気の中山服(人民服)です。
2.シッカリとした厚め生地でフォーマルな場面でも大活躍お間違いなし♪
3.前ボタンを開けてカジュアルなコーディネートもお勧めです。
4.シンプルな織柄なので気回しもしやすく、ボトムやインナーを変えるとまた変わった雰囲気に。
5.普段のフォーマルスーツ代わりに着用でき、パーティーやイベントなどに最適です。

【仕立サイズ】
(S)着丈:68cm、チェスト:100cm、首周り:48cm、肩幅:43cm、袖丈:63.5cm、袖口:27cm
(M)着丈:69cm、チェスト:104cm、首周り:49cm、肩幅:44cm、袖丈:64cm、袖口:28cm
(L)着丈:70cm、チェスト:108cm、首周り:50cm、肩幅:45cm、袖丈:64.5cm、袖口:29cm
(XL)着丈:71cm、チェスト:112cm、首周り:51cm、肩幅:46cm、袖丈:65cm、袖口:30cm
(XXL)着丈:72cm、チェスト:116cm、首周り:52cm、肩幅:47cm、袖丈:65.5cm、袖口:31cm
(3XL)着丈:73cm、チェスト:120cm、首周り:53cm、肩幅:48cm、袖丈:66cm、袖口:32cm
(4XL)着丈:74cm、チェスト:124cm、首周り:54cm、肩幅:49cm、袖丈:66.5cm、袖口:33cm
(5XL)着丈:75cm、チェスト:128cm、首周り:55cm、肩幅:50cm、袖丈:67cm、袖口:37cm

※サイズ(cm)の誤差は多少発生します。ご了承ください。

【お勧めの着用シーン】
パーティー、イベント、発表会、演奏会(コンサート)、お茶会など。

【注文生産】
1.こちらのチャイナ服は、ご注文後に弊社の海外工場にてお作り致します。
2.発送まで5営業日ほど掛かりますので、余裕を持ってお早めにご注文ください。

◎この「シックなブラック×チャイナ織柄×フォーマル用・中山服(人民服)」以外は別売です。

【豆知識・中山服】
中山服(人民服)は、立折襟で二つの胸ポケットに二つの裾ポケットをもった(ないものもある)前開き五つボタンの上衣と、スラックスでセットになっている。作業着タイプでは頭には前つば付き帽子、いわゆる人民帽と呼ばれる帽子をかぶる。色はカーキ、紺、青、緑などさまざまであるが、いずれも無地である。ネクタイは用いない。孫文着用の物としては純白の物も存在し、現在は上海で保管されている。
この服装の原形は、「孫文(孫中山)が日本留学中に日本の学生服や日本帝国陸軍の軍服をモデルにデザインしたという中山服」であるとされるが、大日本帝国の陸軍軍人で孫文の側近として派遣されていた軍事顧問の佐々木到一が考案したものである。
中山服は中華民国で男子正装として用いられ、戦後の台湾にも引き継がれたが、1950年代末頃には蒋介石ら一部の首脳を除いて背広にとってかわられた。
一方大陸(中華人民共和国)では、1980年代初めまで成人男性のほとんどすべてが人民服を着用しており、女性にも多く着られていたが、小平による改革開放路線が定着して以降は、政治家も背広を一般的に着用している。現在ではほとんど過去のものとなっており、現在の中国で中山服を手に入れることは難しいといわれる。

>>メンズ・チャイナ(カンフー)をもっと見る

ピックアップ商品


    有名人に着用されたChina Princessのチャイナドレス メディアに出たChina Princessのチャイナドレス China Princessのチャイナドレスに使うシルクの物語